迷うのやめた!もう悩まない矯正歯科なび@新宿 » 矯正治療の基礎知識 » 子どもの歯列矯正はいつおこなう?

子どもの歯列矯正はいつおこなう?

「歯列矯正」と聞くと「子どもが受ける治療」というイメージがある人もいるかもしれません。

それもそのはず、子どものうちなら歯並びも矯正しやすく、今後の歯や顎の健やかな成長に大きく貢献するため、多くの人が子ども時代に矯正治療を受けるからです。

とは言え、具体的に何歳から始められるのか、どの歯科医院に連れていけば良いかなど、子どもの治療ならではの悩みも少なくないでしょう。そこでここでは、子どもの矯正治療に関係する様々な疑問をピックアップし、解説していきます。

子どもの矯正治療はいつから始めると良い?

子どもの矯正治療は、大きく分けると「0期治療」「1期治療」「2期治療」の3つに分かれます。

0~1期治療

この3つの治療期のうち0期治療が必要なケースは稀です。例えば骨格そのものに問題があって受け口になっているような場合には、顎の骨がまだ成長段階にある5歳くらいまでに矯正する方が望ましいでしょう。放置して顎の骨が成長しすぎると、手術でしか治療できなくなってしまう可能性があります。

とは言えこのようなケースでも3歳未満では子どもが治療を嫌がり上手くいかないことが多いため、3~5歳くらいになるまで待って治療を開始することになります。

6~8歳くらいから計画を立て始める

特殊な症例を除き、通常子どもの矯正治療は上下の前歯が永久歯に生え変わる6~8歳頃に歯科医と相談のうえ、それぞれの口腔内の状態や成長から最適と思える治療計画を立てます。

大抵の患者は永久歯を動かす2期治療が必要になります。しかし1期治療をおこなうことで、「2期治療の必要がなくなると見込めるケース」や「2期治療の進みが良くなったり負担が少なくなったりすると見込めるケース」ではすぐにでも治療を始める方が良いと診断されることもあります。

例えば顎が小さいために永久歯が生えるスペースが足りず、重なり合って生えてくる「そう生」と呼ばれる症状が該当します。

まだ顎の骨が柔らかいうちに顎を大きく広げる治療をおこなえば、骨格が完成してからの治療のように歯を抜く必要がなくなります。

永久歯が生え揃ってからおこなうことも

前述の例のように1期治療と2期治療を合わせて行うケースも少なくありませんが、1期治療を行うメリットがない場合には永久歯が完全に生えそろってから矯正治療を(2期治療のみ)を行います。

この頃には子どもも矯正治療の必要性を理解し自ら積極的に治療に臨むようになるため、治療効果もでやすいでしょう。

子どもによって歯列矯正をおこなうタイミングは異なる

子どもの矯正治療を始める適切な時期はそれぞれの歯や顎の状態によって異なるため、子どもが大人しく診察台に座っていられる歳になったなら、早めに歯科医院を受診し相談してみると良いでしょう。

「矯正歯科」と「小児歯科」どちらが良い?

現在のところ、日本では歯科医師の資格さえ持っていれば虫歯治療から矯正治療まで何でも取り扱うことが可能です。そのため子どもの矯正治療も診療科目に含まれているクリニックは少なくありません。

受診できるクリニックも多いので、どこに受診すればよいのか分からなくなってしまう人も多くいます。特に子どもの場合矯正治療に特化している「矯正歯科」が良いのか、あるいは子どもの治療に特化している「小児歯科」が良いのか、迷ってしまうかもしれません。

専門範囲が微妙に異なることも

「矯正歯科」つまり矯正治療を専門とする歯科医院の場合、矯正治療に関する高度な技術と設備を有しています。そのため特殊な症例にも対応でき治療の選択肢も広く、患者の症状や要望に合った治療を提供することが可能です。

このため大人になってから矯正治療を行う人の多くはこの矯正歯科を受診し、治療をおこなっています。

しかし一方で成長段階にある子どもの歯に関しては経験が浅いため、子どもの矯正治療となるとやや勝手が違ってくるかもしれません。

この点、小児歯科は子どもの歯により詳しく、経験豊富です。

子どもの矯正治療にのみ必要な、特殊な知識や技術を有しているので、歯の生え変わりのタイミングなどを予測してそれに合わせた治療も可能です。虫歯などの一般治療も並行しておこなっていけるのも小児歯科のメリットでしょう。

また、小児歯科であれば子ども向けの設備が充実しているクリニックもあります。院内全体が明るく可愛らしい雰囲気であったり子どもが大好きなキャラクターをそこここに配置していたり、小さな玩具やシールをお土産にくれたりと、子どもが嫌がらずに通院できるような工夫がなされています。

歯科医師もスタッフも子どもの患者に慣れているため、子どもの扱い方がうまく、治療もスムーズでしょう。

従って、小学校低学年までの小さな子どもであれば小児科を選ぶメリットが大きく、一方高学年くらいになれば矯正歯科に通うメリットの方が大きくなると言えるかもしれません。

クリニックの選び方のポイントは?

子どもの歯列矯正の場合、年齢や必要とする治療内容によって矯正歯科あるいは小児歯科のどちらかを選ぶことができます。

いずれの場合でも「専門医」あるいは「認定医」が診療するクリニックであるかどうかは重要ポイント。というのも前述の通り歯科医師の資格さえあれば歯科に関係するどんな診療科目でも取り扱うことができ、自由に「矯正歯科医院」「小児歯科医院」を標榜できるからです。

しかし実際はそれぞれに特殊な知識と経験を必要としますから、本当に腕の良い矯正歯科医師なのかあるいは小児歯科医師なのかを判断するためには、第三者による評価が必要です。

「専門医」や「認定医」は、歯科学会において規定の審査に合格しその分野で高い技術と経験を持つものと認められた医師のみに与えられる資格であるため、これらの資格を有する歯科医であれば安心して治療を任せることができます。専門医や認定医であれば、自院ホームページにその旨が記載されていることが多いので、まずはホームページで確かめてみると良いでしょう。

またカウンセリングの段階である程度治療方針や治療にかかる費用、期間などを説明してくれるところ、矯正治療のメリットだけでなくデメリットもきちんと教えてくれるところは信頼が置けます。勿論子どもが通うことになるわけですから、子ども自身との相性も確かめておきましょう。こういったことは実際に来院してみないと分かりませんが、最近では初診のカウンセリングは無料としている矯正歯科も多いので、どんどん活用してみてください。

小児矯正治療のメリット

大人になってからあらためて歯列矯正を行うより、子どもの間に行う方が良いと言われているのは、以下のようなメリットがあるためです。

口を開きっ放しの癖を矯正できる

歯並びが悪い子ども、特に出っ歯の子どもは常に口が開いた状態になります。これは見た目に良くないだけでなく、口内が乾いて虫歯や口臭の原因となったり喉が乾燥して風邪をひきやすくなったりといった健康上の問題にも繋がります。

一方歯並びを矯正して口を開けっぱなしにする癖を矯正できれば、口周りの筋肉も正しく機能し、食べ方や発音の仕方も改善されると期待できるのです。

2期治療の負担を軽減できる

顎がまだ成長段階で骨が柔らかいうちであれば、矯正もしやすく永久歯が正常な位置に生えてくるための土台を据えられるので、後の2期治療がおこないやすくなります。

更に大人になってからだと歯を抜くことでしか矯正できないケースでも、1期治療を行っておくことで歯を残したまま矯正できる可能性が高くなります。結果的に、2期治療の矯正期間が短くて済むのです。

小児矯正のデメリット

子どものうちに矯正治療をおこなうデメリットは殆どないとされています。

強いて言えば装置を着けるのを嫌がったり動かしたりと、子どもが治療に協力的でない場合、思ったような治療結果にならなかったり治療期間が延びたりする、と言う点が挙げられます。

矯正中は装置が邪魔をして歯磨きもしにくいため、歯科医院で歯磨き指導が行われるはずですが、きちんとその通りに歯磨きしていないと虫歯になるというリスクもあります。

小児矯正治療の費用相場は?

保険適用外となる歯列矯正の治療費は、各歯科医院によって様々なのですが、おおよその費用相場としては0期治療の場合で3万~20万円、1期治療では15万~60万円、2期治療では50~130万円となっています。

しかし小児矯正の場合1期と2期の両方にまたがって治療を続けることも多く、その場合料金調整をしている歯科医院が殆どでしょう。いずれにしても費用総額や料金体系に関しては予めきちんと確認しておくことをおすすめします。

新宿で矯正歯科を探している人必見!
「目立たない矯正」のおすすめクリニック3選

おすすめの新宿の矯正歯科3院をピックアップ

迷ったらココ!名医がいる新宿のおすすめ矯正歯科3選
迷ったらココ!名医がいる新宿のおすすめ矯正歯科3選
不安を100%解消できる!新宿の名医がいる矯正歯科診断ナビ
迷ったらココ!名医がいる新宿のおすすめ矯正歯科3選 不安を100%解消できる!新宿の名医がいる矯正歯科診断ナビ