迷うのやめた!もう悩まない矯正歯科なび@新宿 » 矯正治療の基礎知識 » 矯正治療をおこなうメリットとは

矯正治療をおこなうメリットとは

かつては歯並びの悪い子供のための治療と見なされていた「歯列矯正」。現在、美しい歯並びに伴う様々なメリットから大人になってから矯正治療を始める人も増えてきました。一般に表現される「歯並びが悪い」とは、歯並びが前後や上下左右でずれがあって歯がきちんとかみ合っていない状態のこと。矯正装置を用い、歯に力を加えることで望ましい位置に矯正するのが「歯列矯正」というわけです。

矯正治療のメリット

自費診療となるため高額になりがちな矯正治療ですが、以下のようなメリットを得ることができます。

見た目の美しさ

矯正治療のメリットの中でも最も分かりやすいのが、この審美的なメリットでしょう。歯並びが美しいと笑顔も更に映えますし、そんな自分に自信が持てるようになったというメンタル面でのメリットもあります。逆に歯並びが悪いと人目を気にして口を開けて笑えないなどのコンプレックスを抱えてしまい、性格や対人関係に悪影響を与えてしまう場合があります。

虫歯・歯周病・口臭リスクの軽減

歯並びが悪いとどうしても歯ブラシが届きににくい部分ができてしまい、ていねいに磨いたつもりでも歯垢が残ってしまいます。磨き残しは虫歯や歯周病の原因になるのは勿論、歯垢をエサに細菌が繁殖し、口臭の原因にもなります。

また、上顎前突(出っ歯)などで唇が閉じにくい状態にあると、唾液が溜まらず口内が乾いてしまいます。本来唾液には歯の再石灰化や磨き残しを洗い流したりする働きがあるため、これらの恩恵を受けられなくなり、虫歯や歯周病、口臭の原因となってしまうのです。

従って、矯正治療により理想的な歯並びになれば、これら口内疾患のリスクを大幅に軽減させることができるというわけです。また歯並びが良くなると噛む際の圧力が均等に分散されるため、歯を支える骨が傷みにくくなり歯の保存性が向上するとも言われています。

発音障害の改善

不正咬合の中でも歯と歯の間に隙間のある「歯間空隙」などはその隙間から息が抜けてしまうため、ある種の発音が不明瞭になってしまう場合があります。例えば「パ行」「バ行」「サ行」などがそれで、このせいで人前で話すことが苦手になってしまうかもしれません。しかし矯正治療を行なった場合、歯と歯の隙間もなくなり発音がクリアになるため、このようなコンプレックスからも解放されるというわけです。

不正咬合を放置しておくことによるリスク

一方、不正咬合を放置していると、以下のような症状まで引き起こされる危険性があります。

頭痛・首の痛み・肩こり

咬み合わせが悪いと、咀嚼の際に顎の筋肉の一部だけを使用することがあります。顎周辺の筋肉の緊張状態が続き血行が悪くなってしまいます。この血行不良による筋緊張性の頭痛の他に、顎の筋肉のバランスが崩れ頚椎が歪むことにより、頭痛が引き起こされます。顎の筋肉の緊張は首や肩周辺の筋肉にも影響を及ぼし、血行不良となって首や肩こりの原因ともなります。

顎関節症

顎の筋肉の緊張状態や顎の骨にかかる圧力のずれは顎関節の歪みを引き起こします。この顎関節症は噛むときに顎に痛みを感じたり、顎がカクカクする、異音がする、口を大きく開けられないといった症状を引き起こします。

胃腸障害

かみ合わせが悪いと咀嚼力に悪影響が及び、十分にかみ砕かれないまま食べ物を飲み込んでしまいます。これにより胃腸への負担が大きくなって、胃腸障害を引き起こす危険性があります。

不眠症

不正咬合が原因で睡眠中も無意識に歯をかみしめていたり歯ぎしりしたりする癖のある人は、そのために脳が刺激を受けて眠りが浅くなってしまう傾向にあります。このため不眠症となり、日中の活動に支障を来したり自律神経失調症などの不定愁訴を抱えてしまったりする危険性があります。

大人の歯列矯正に伴うリスク

まだ歯が成長しきっていない子供と比べて、大人の歯列矯正には以下のようなリスクもあります。矯正治療に伴うリスクも把握したうえで治療に臨むようにしましょう。

歯・歯根に対するダメージ

骨の固まってしまった大人の場合、歯を移動させるためには子供の歯以上に強い力をかける必要があります。この圧力によって、歯の根が吸収されて短くなってしまう「歯根吸収」が起こったり、移動させたくない歯まで移動してしまったりすることがあります。無事矯正によって歯が移動した場合でも、それまで歯茎に隠れていた歯の根元が露出することで、そこに冷たいものや熱いものがあたると痛みを感じる「知覚過敏」になることもあります。

時間がかかる

矯正治療とは歯の代謝機能を利用して歯を動かす治療ですから、子供と比べて代謝機能が低下している大人はその分歯が動くまでに時間がかかります。また子供と比べて動かした歯が元に戻ろうとする力が強いため、矯正後歯並びが安定するために付ける保定装置を使用する期間も長くなってしまいます。期間が長くなればその分費用も高くなってしまうというデメリットもあるでしょう。

新宿で矯正歯科を探している人必見!
「目立たない矯正」のおすすめクリニック3選

おすすめの新宿の矯正歯科3院をピックアップ

迷ったらココ!名医がいる新宿のおすすめ矯正歯科3選
迷ったらココ!名医がいる新宿のおすすめ矯正歯科3選
不安を100%解消できる!新宿の名医がいる矯正歯科診断ナビ
迷ったらココ!名医がいる新宿のおすすめ矯正歯科3選 不安を100%解消できる!新宿の名医がいる矯正歯科診断ナビ