迷うのやめた!もう悩まない矯正歯科なび@新宿 » マウスピース矯正でおすすめの矯正歯科@新宿 » 【特集】注目のマウスピース矯正ってどうなの?

【特集】注目のマウスピース矯正ってどうなの?

透明素材で「目立ちにくい」「痛みや違和感が少ない」「簡単に取り外しができる」といった特徴を持ち、注目されるマウスピース矯正。なかでも世界各国で治療実績があり、最も信頼性が高いマウスピース矯正のひとつが「インビザライン」です。世界最先端と言われるマウスピース矯正システムの特徴と実態に迫ります。

最先端のマウスピース矯正・インビザラインとは?

米国アライン・テクノロジー社が開発し、1999年より提供が開始されたマウスピース矯正装置です。今や世界100ヵ国以上、420万人を超える人が受診していて、日本でも利用者が急増中!その特徴は、フルデジタル技術を駆使し、豊富な症例データに基づいて進化し続けるシステムにあります。

インビザラインによる矯正治療のポイント

矯正後の美しい歯並びが、矯正前に見られる!

インビザラインの最も大きな特徴が、3D 治療計画ソフトウェア(クリンチェックソフトウェア)を使うことで、治療開始~完了までの歯の移動を立体画像と動画で確認できること。治療前に完成後の歯並びを確認できるのはもちろん、治療にかかる期間や費用を明確に把握できます。矯正治療は数か月~数年にわたるので、前もって正確な治療計画を立てられるのは、かなり安心です。

より違和感のないマウスピース矯正装置を作れる!

インビザラインでは、デジタル口腔内スキャナー「iTero」を使用することで、従来のシリコンによる型採りとは比較にならないほど、精密な歯型を作れます。つまり、装着したときに、より違和感のないマウスピース矯正を提供できるということ。シリコンの場合と違って、口にものを入れる必要がなく、時間がかからない点も特徴です。

治療実績が豊富で安心!

さらに、他のマウスピース矯正システムにはない特徴のひとつが、世界で400万以上を誇る症例実績。インビザラインは、これら豊富な症例実績に基づき、先駆けて改良を加えることで、より緻密で適確な計画を可能にしてきた矯正治療法なのです。その進化は、これからもますます期待できるでしょう。

インビザラインの完成度は医師の治療プラン次第

インビザラインは、最先端のデジタル技術を駆使する治療法ですが、実はどの医師が行っても同じ結果になるというワケではありません。歯の動きや治療計画をシミュレーションするのはコンピューターですが、症状や患者の希望に合わせて最終的な計画を立てるのは医師の仕事。その実力によって治療計画やプロセスは大きく変わってくるため、クリニック選びは非常に重要です。

新宿でインビザラインを体感!カウンセリングレポート

世界最先端のマウスピース矯正システムと言える「インビザライン」。実際に矯正を検討しているモデルさんに、カウンセリングを受けて、その模様をレポートしてもらいました。

【モデルさんのプロフィール】

来年に結婚を控えた20代女性。歯並びで特に気になっているのは上顎の八重歯。奥歯を噛んだ状態で、上下の前歯に隙間ができてしまうのも長年のコンプレックス。この度、めでたく親から援助してもらえることになり、ワイヤー矯正より目立たない矯正を検討する中で、たどり着いたのが「インビザライン」だったとのこと。

行ったのは、新宿にあるマウスピース矯正専門クリニック!

新宿マウスピース矯正センターの外観イメージ

選んだのは、新宿駅西口から徒歩すぐにある「新宿マウスピース矯正センター(五十嵐歯科室)」です。
全国で唯一、一般歯科医でありながらインビザラインドクターを指導できるほどの実績を持つ院長が、口腔チェックから最新のデジタル口腔内スキャナーを使ったクリンチェックまでをしてくれるというので、今回のレポートにはうってつけ。
場所は新宿駅西口を出てすぐ、「新宿西口小田急ハルク」に隣接するビルなのでアクセスもバツグン!早速予約を取って、行ってみました。

「新宿マウスピース矯正センター」の公式サイトはコチラ

診察編

通常の矯正治療と同じく、はじめに噛み合わせや歯並びの状態をチェックするため、レントゲン撮影や口腔内写真撮影のほか、問診などの検査が行われます。
加えて、お口の中をレーザーでスキャンして歯形を採り、デジタルデータ化するのがインビザラインならではの特徴。

口腔内スキャナーで歯型を採取!ちょっと不思議な気分...

新宿マウスピース矯正センターでは、iTeroエレメントという最新の口腔内3Dスキャナーを導入していて、スピーディーに精密なデータを取得可能!
シリコンで歯形を採られるのが苦手な人でも、これなら安心ですね。とは言え、ほぼリアルタイムで口腔内の状態がデジタルデータ化されて、モニタに映し出されていくのは、何とも不思議な光景...。

カウンセリング編

カウンセリングでは、3Dデジタル画像のほか、撮影した口腔内写真やレントゲン写真を見ながら、先生が総合的に歯の状態を説明してくれます。診察の結果、歯並びの悪さの原因は、奥歯の位置が前に寄ってきたことで歯の生えるスペースが狭くなってしまったことによるもの。
また、上下の前歯に隙間ができてしまうのは、「オープンバイト」と言い、口内で舌を置く位置が問題になっているということが分かりました。

「これ、ちゃんと治るの?」シミュレーションでホッと安心

特に3Dデジタル画像で歯並びの状態をじっくり見てみると、結構いろいろ問題が...。「これ、ちゃんと治るの?」と不安になりましたが、同じような歯並びの事例を見ながら治療の説明をしてくれたのでホッとひと安心。

また、iTeroでスキャンしたデータをもとに、3Dシミュレーションで歯がどう動くのかを見ることができるため「私もこんな風にキレイになれるんだ!」とモチベーションが上がりました。

治療計画編

精密な検査に基づいてカウンセリングを行っているため、治療にかかる期間は1年半~2年くらい、費用は80~85万円と、具体的な治療期間と費用がハッキリ分かりました。費用については想定内でしたが、問題は治療期間。1年後に結婚式を控えているので、これだと間に合わないかも…。

結婚式にはゼッタイ間に合わせたい!

治療期間を早められないか相談してみたところ、前歯を少し削って先に整える方法と、歯の動き自体を加速させる装置を使った方法を提案されました。
装置は特定の波長を発生させて骨の代謝を高めるもので、インビザラインをはめた状態で1日10分ほど咥えるだけでOK。マウスピースは1週間ごとに交換するのが一般的ですが、この装置を使うと3~4日くらいで交換できるため、治療期間を短縮できるそうです。

こんな治療法があるとは知らなかったので、これなら間に合うかも…と希望が持てるようになりました!

まとめと感想

インビザラインは、事前に歯の動きをシミュレーションしながら治療計画を把握できるので、初めての矯正治療でも安心して受けられるシステムだと実感。さらに、こちらの希望に合わせてたくさんの治療プランを提供してくれるのは、実績豊富なドクターならではですね。

カウンセリングによって治療計画が決まると、デジタルデータがアメリカのラボに送られ、いよいよマウスピース矯正装置が製作されることになります。出来上がるまで、通常は1~3週間かかるとか。届くのが楽しみです!

クリニックデータ

新宿でマウスピース矯正を考える方におすすめの記事

新宿で矯正歯科を探している人必見!
「目立たない矯正」のおすすめクリニック3選

おすすめの新宿の矯正歯科3院をピックアップ

迷ったらココ!名医がいる新宿のおすすめ矯正歯科3選
迷ったらココ!名医がいる新宿のおすすめ矯正歯科3選
不安を100%解消できる!新宿の名医がいる矯正歯科診断ナビ
迷ったらココ!名医がいる新宿のおすすめ矯正歯科3選 不安を100%解消できる!新宿の名医がいる矯正歯科診断ナビ