迷うのやめた!もう悩まない矯正歯科なび@新宿 » 成人矯正で治療できる症状まとめ » 過剰歯

過剰歯

矯正治療の基礎知識の一つとして、ここでは、過剰歯に関する解説を行っています。新宿で矯正歯科をお探しの方も、ぜひ理解しておきたい症状です。

過剰歯とは?

乳歯の本数は上下で20本、永久歯の本数は上下で32本(親知らずを含めて)あります。この決まった本数よりも多くの歯が生えている状態を、過剰歯と言います。過剰歯は30人に1人くらいの頻度で見られるため、決して珍しい症状ではありません。乳歯よりも永久歯に多く、かつ女性よりも男性に多く見られるとされる症状です。なお過剰に生えた歯は、歯茎の表面に顔を出していることもあれば、歯茎の中に埋まったままのこともあります。

原因

歯が作られる段階において、アゴの骨の中で歯杯が余分に作られることにより、過剰歯が生まれることが分かっています。歯杯とは、いわば歯の卵のことです。

また、1つの歯杯が、歯の成長過程において二つに分かれてしまうこともあります。この際にも過剰歯が生まれることが分かっています。

歯杯が余分に作られたり、1つの歯杯が二つに分かれたりする原因は、現在のところ分かっていません。

及ぼす影響

過剰歯が本来の歯と歯の間に生えてきた場合、歯間を広げてしまうことがあります。その結果、正しい噛み合わせができなくなり、虫歯や歯周病、歯の喪失、顎の骨への異常など、さまざまな症状を誘発する恐れがあるでしょう。

なお、歯列に影響を与えない過剰歯の場合は、特に深刻な影響をもたらすことはありません。その場合、特に抜歯等の処置を行わず、経過観察となる場合が大半です。

過剰歯の相談ならココ!
名医がいる新宿の矯正歯科3選

過剰歯についてのトピックス

『歯並びにときに支障がなければ、そのまま抜かないで置いておく場合も あります。また、周囲の永久歯の根が未完成の場合は無理をせず、 根の完成を待ってから抜くこともあります。』

(近藤歯科クリニック公式HPより引用:https://kondo-shika-shinbi.com/ortho/children11.html)

『過剰歯が上顎前歯の正中部に埋伏している場合(上顎正中埋伏過剰歯)は、過剰歯が前歯の歯根に当たり正常な歯の配列の邪魔をして歯間離解を引き起こすことがあります。この場合はたとえ過剰歯が見えない状態でも学童期に抜歯をしたほうがよいでしょう。永久歯の歯並びに影響しない埋伏過剰歯は抜歯せずに経過観察でもよいと思います。』

(山手通り歯科公式HPより引用:https://www.yamateavenue-dent.com/2012/12/14/%E9%81%8E%E5%89%B0%E6%AD%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%E4%BD%95%EF%BC%9F/)

新宿で矯正歯科を探している人必見!
「目立たない矯正」のおすすめクリニック3選

おすすめの新宿の矯正歯科3院をピックアップ

迷ったらココ!名医がいる新宿のおすすめ矯正歯科3選
迷ったらココ!名医がいる新宿のおすすめ矯正歯科3選
不安を100%解消できる!新宿の名医がいる矯正歯科診断ナビ
迷ったらココ!名医がいる新宿のおすすめ矯正歯科3選 不安を100%解消できる!新宿の名医がいる矯正歯科診断ナビ